ビジネスチャットの導入|企業内の円滑なコミュニケーション

女の人

ERPによる業務効率化

男性

企業の業績を著しくあげるための手段としてERPパッケージの導入があげられます。ERPパッケージは企業内の全ての部署間の情報を一元化することが可能で、情報一元化による恩恵は計り知れないものとなるでしょう。

詳細を読む

最適な人材の配置と育成

OL

タレントマネジメントシステムの導入により企業に属する人材のスキルを把握することが可能です。スキルを把握することで適材適所の人材配置を行うことができ、大幅な業務効率の向上を実現することが可能になるでしょう。

詳細を読む

無理のないビジネスライフ

頭を抱える女性

ストレスチェックを行うことによって企業と従業員の関係をより良いものとし、個々の精神状態について向き合うきっかけを得ることができるでしょう。自身について知ることは生きていくうえで大切なことなのです。

詳細を読む

情報共有の新しい形

婦人

日常生活のコミュニケーションにおいて、少し前まではメールが主な手段でしたが近年ではLINEやSkypeといったチャットがコミュニケーションツールとして使用されるようになってきました。そういったチャットツールの利用者も国内の約50%を占めており、情報社会でのコミュニケーションスタイルの大きな変化といえるでしょう。この変化は民間だけでなく企業でも起こり始めています。
近年では多くの企業がチャットツールによる情報共有を導入しています。しかし、企業が導入しているチャットツールはビジネスチャットと呼ばれ、ビジネスに役立つ機能が多く備えられています。ビジネスチャットは主に企業内でのやり取りに使用されており、そのメリットは様々です。まず、従来であれば企業内での情報共有やコミュニケーションはメールで行っていましたが、メールでのやり取りというのは挨拶文や定型文を入力するといった手間が必要でした。また、情報を添付するのも手間なものでメールを相手に送るまでにも多少の時間が掛かっていました。そして、メールを送信したとしても相手からの返信がいつくるかはわかりません。そうなってくると業務に対してのタイムロスは大きいものとなってくるでしょう。実際、1日のうちのメールやり取りで発生する業務のタイムロスは平均約1時間あるといわれています。ビジネスチャットツールはそういったタイムロスの問題を大きく解決します。ビジネスチャットツールは挨拶文や定形文を必要としないカジュアルなやり取りが可能です。もちろん、役職や企業間を超えてのそういったやり取りは難しいですが部署間や部署内でのコミュニケーションの円滑化や情報共有の効率化をはかることができ、その結果として業務に掛ける時間も増え業績が向上するのです。セキュリティ面に関しても企業向けに設計されて作られているので安心して導入することが可能です。ビジネスチャットを導入してより快適なビジネスライフを実現しましょう。